テクノロジー

AirPods Pro防水性能・ケース・充電方法を徹底比較

ろりす

今回は、AirPods Proの紹介ゾ!

最後まで見てくれよな〜頼むよ〜

MUR

AirPods Proの最新情報を見逃さないのは当たり前だよなあ?

Appleは 10月28日、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン『AirPods Pro』を発表!

10月30日発売。価格は 27,800円(税別)

基本性能

性能は以下の通り

  • AirPodsの上位モデル
  • ノイズキャンセリング搭載
  • 耐汗、耐水性能付き
  • 充電ケースで24時間、一回の充電で最大4.5時間、5分の充電で約1時間再生可能
  • 好きな言葉を刻印可能
  • 「 iPhoneを探す」で位置情報を確認可能
  • カナル型
  • 「Hey Siri 」対応

AirPods Proは防水?

結論:防水ではなく、耐汗・耐水性能です。

AirPods Proのイヤホン部分は、耐汗・耐水性能の「IPX4」に対応。

※ケース部分は耐汗・耐水性能には非対応

耐汗・耐水性能は永久的に持続する保証はないが、想定内のためワークアウト(ジムやランニング)後のお手入れ方法が公開されている。

IPX4とは

「IPX」というのは「IPX0」から「IPX8」まである。

「IPX0」は耐水性能が一切なく「IPX8」は長時間水没しても問題がない「完全防水」の製品です。

内容
IPX0保護されていない
IPX1鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX4あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
IPX5あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX6あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX7一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX8IPX7よりも厳しい条件で水没しても内部に浸水しないもの

Appleによる見解

Apple公式サイト『AirPods Pro の耐汗・耐水性能について』には以下の注意書きがある。

AirPods Pro の耐汗・耐水性能について、また、AirPods Pro が濡れてしまった場合の対処法についてご案内します。

AirPods Pro は耐水・耐汗仕様です。防水・防汗仕様ではありません。充電ケースには耐汗・耐水性能はありません。AirPods Pro は、水上または水中でのスポーツ (スイミングなど) やシャワーでの使用は想定していません。

ワークアウト後、多量の汗をかいた後、水しぶきがかかった後は、AirPods Pro をワイヤレス充電ケースに入れる前に、糸くずの出ない柔らかく乾いた布で拭き取ってください。熱源やエアダスターで AirPods Pro を乾燥させるのはおやめください。

AirPods Pro の耐汗・耐水性能について

Appleが発売しているその他のイヤホン

AirPods

PowerBeats Pro

比較表


時事ワード解説

ノイズキャンセリング

  • 周囲の音(環境音という)を内蔵のマイクロフォンで収音し、これと逆位相の信号をオーディオ信号と混合して出力することによって、ヘッドフォンへ外部から侵入する環境音を軽減するもの

GPS( Global Positioning System)

  • アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム(地球上の現在位置を測定するためのシステム)

ABOUT ME
Naoki
学生ながらブログを運営する変わり者です。閲覧してくださる皆さんに有益な情報が発信できたら嬉しいです!