話題

「コンビニ貧乏」に陥らないために【無理のない節約】

「コンビニ貧乏」・「カフェ貧乏」・「スタバ貧乏」など

聞いたことがある人も多いと思います。

今回はコンビニ貧乏にならないようにする方法について執筆しました。

本記事のテーマ

「コンビニ貧乏」に陥らないために【無理のない節約】

コンビニ貧乏とは

コンビニ貧乏とは特に用事がなくてもコンビニに立ち寄る人のことです。カフェ貧乏についても同様です。

コンビニには多くの仕掛けがある

コンビニには物欲を刺激させるための仕掛けがたくさんあります。

その仕掛けに引っかかる人は

かなりの無駄遣いをしている可能性が高いです。

非常に明るい

コンビニは夜でも目立つように、照明をかなり明るくしています。

人は暗い場所を恐怖に感じ、明るいところに集まる心理があります。

この心理を利用してお客さんを呼び込んでいます。

入口付近の雑誌棚

コンビニはなぜ入口付近に雑誌棚を置くのでしょう?

なぜなら、人間は人がいるところを安心するからです。

立ち読みしている人を見るだけで安心してしまいます。

「同調行動」の心理を利用して、

よりお客さんが立ち寄りやすくなります。

売れ筋商品を奥に配置

ドリンクなどの売れる商品を奥に配置することで、お客さんを長距離歩かせることができます。

一歩でも多く歩いてもらうことで、より多くの商品を見てもらうことができます。

反時計回りに誘導するレイアウト

コンビニではお客さんが反時計回りに移動するのに適しています。

人間は右利きの人が多く

カゴを左手、右手で商品をとりやすくなっています。

また、反時計回りに進むと順番もほとんど決まっており、

雑誌コーナー、ドリンクコーナー、デザート、パン、おにぎり、お弁当、レジへと進むようになっています。

コンビニでの無駄遣いをやめる方法

コンビニは、振り込み・宅配・ATMまであり非常に便利ですが、

先程も書いたとおり、無駄遣いをしやすい仕掛けが満載です。

コンビニ弁当を買わない

コンビニ貧乏に陥る人に多いのは、

コンビニ弁当を購入しているところです。

コンビニ弁当は少ない量で、非常に高いです。

自炊をするか、スーパーで買いましょう。

スーパーで買うともう少し安く、割引がありますので

オススメです。

PB(プライベートブランド)の商品を買う

セブンプレミアムやトップバリュなどの

PB(プライベートブランド)の商品は

従来の商品より価格が低めです。

コンビニATMは使わない

コンビニATMは手数料が高いです

その手数料が積み重なっていくと

多くの損をすることになります。

皆さん、もうコンビニATMを使うのはやめましょう。


最後に

いかがでしたか。

コンビニを使うときは以上のことに注意すると節約できるはずです。

ABOUT ME
Naoki
学生ながらブログを運営する変わり者です。閲覧してくださる皆さんに有益な情報が発信できたら嬉しいです!